辛い授業のその先に安定した成績がありました

2019年3月8日

女子高生のフリーアイコン9 (1)

県立熊谷女子高校 合格者 関口舞

 

私が入塾したのは、中学2年生の1学期の終わりごろでした。2年生になって定期テストで思うような点数や順位が取れなくなり、入塾しようと思いました。

入ったばかりの頃は授業のペースについていくのが大変でした。しかし、宿題を確実にこなしていくことで、結果に表れるようになったり家庭学習の習慣がつきました。

サマーセミナーでは10日間朝から夕方まで授業があり、つらいと感じることが多かったです。その代わりに自分のできない分野が明確になりました。

2学期に入ってから、できない問題を繰り返し5回解いたことで北辰テストの偏差値を安定させることができました。

入塾してから熱心に勉強を教えていただき、本当にありがとうございました。

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です