考えもしなかった熊谷高校に…

2019年3月8日

image3

熊谷高校 合格者 林勇吾

 

僕が入塾したのは、中学2年生の12月頃でした。初めは、塾にいろいろな中学生がたくさんいて、馴染むことができませんでしたが、東松山教室に移ってからは友達もでき集中して勉強に取り組むことができました。

僕は、出された宿題を毎日取り組んでいたら、次第に学力も上がっていき、とても驚きました。東松山教室では、先生との距離がとても近く、わからないところがあったらすぐに聞くことができ、すぐに理解することができました。サマーセミナー、冬期セミナーや冬期合宿に僕は参加しました。

夏期、冬期セミナーでは、わからないところを先生にていねいにわかりやすく教えていただき、さらに学力を向上させることができました。冬期合宿では、朝から夜まで勉強をして、とても辛かったですが、二日目の夜には、リラックスして集中して勉強に取り組むことができ、とてもためになりました。

2月中の土日に行われる公立入試の予想問題や毎日の塾の自習で、自信をつけて入試に挑むことができました。

最初僕は、塾長に熊谷高校を目指せと言われて厳しいと思っていましたが、これらの行事に参加していくうちに学力もそれに伴って上がっていき、無事熊谷高校へ行くことができました。

陽明塾に行っていなかったら、熊谷高校への進学は全く考えていなかったと思います。熊谷高校へ行けたのは、先生方が日々の授業で優しく、わかりやすく教えてくださったからだと思います。

今まで本当にありがとうございました。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です